数学IIIチェック&リピート
最大・最小方程式への応用不等式への応用


問題文をクリックすると解答をみることができます.


方程式への応用

問題文をクリックしてみて下さい.


類題演習

問題文をクリックしてみて下さい.
(4)対数をとって不定方程式を解きます.

問題文をクリックしてみて下さい.
方程式の解の極限が問われています.

問題文をクリックしてみて下さい.
(2)(3)はx,yについての指数方程式となっています.

問題文をクリックしてみて下さい.
定数kを分離して(分数式)=kと変形し,曲線y=(分数式)と直線y=kの共有点を探りましょう.

問題文をクリックしてみて下さい.
(2)は(3)のヒントです.

問題文をクリックしてみて下さい.
f(x)を調べるのにg(x)を持ち出すところが面白い.

問題文をクリックしてみて下さい.
(1)は(2)のヒントであり,定数aの分離を示唆しています.

問題文をクリックしてみて下さい.
(1)では定数kの分離を考えましょう.

問題文をクリックしてみて下さい.
親切な誘導にしたがって進みましょう.

問題文をクリックしてみて下さい.
y=f(x) のグラフを描くときに(1)は強力なヒントになります.

問題文をクリックしてみて下さい.
点(a,0)を通る接線が存在する条件とは?

問題文をクリックしてみて下さい.
(1)と(2)のつながりを掴みましょう.
「定数aの分離」がキーワードです.

問題文をクリックしてみて下さい.
(1)微分可能の定義を確認しておきましょう.
(2)f(x)=kの実数解は曲線y=f(x)と直線y=kの共有点のx座標です.

問題文をクリックしてみて下さい.
(1)対数微分法を用いましょう.
(2)ヒントを用いて極限値を求めます.
(3)は(2)のグラフを利用します.

問題文をクリックしてみて下さい.
(1),(2)は(3)の準備です.

問題文をクリックしてみて下さい.
定数aを分離することを考えましょう.


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2024-05-04 (土) 09:58:34 (40d)