17年 センター本試験 I・A 第5問

17センタ本試IA・5問題

上の問題文をクリックしてみて下さい.


最初の積BC・CEでは円と弦についての定理,方べきの定理を用います.
次の比 BF/AF では三角形と直線に関する定理,メネラウスの定理を用います.
幾何では与えられた状況から何を発想するかが大切です.基本となる定理は正確に使えるようにしておきましょう.

三角形の内接円の半径 r は三角形の面積 S と S=rs としてつながります.

14年 センター本試験 I・A 3

14センタ本試IA・3問題

この画像をクリックしてみてください.

前半は余弦定理,角の二等分線の取り扱いです.
後半は相似,円周角の定理が活躍します.
(3)の「角度に注目すると,· · · 」は大きなヒントになっています.